コース/料金

シニアヨガ指導者養成コース

この講座の特徴は、現場に近い、【活かせるヨガクラス】の提供ができること。
実際に老人福祉施設等の現場でヨガを教えてきた経験をもとに、より実践的に、シニアが抱える様々な不調に対応したクラス構成の仕方や、注意点、適応の方法など、解剖学と生理学を連動して学んでいく講座です。
また、高齢者疑似体験をしていただいたり、理学療法士からのリハビリの現状を学べたり非常に現場に密着した内容となっております。
基礎から丁寧にお伝えしますので、全くヨガを伝えたことのない方にもヨガの基礎、哲学的な部分も学べる内容となっています。

料金

  • 108,000円(税別)

こんな方にオススメします。

  • ヨガを生業としていきたい方。
  • シニアの方々に安全にヨガを届けていきたい方。
  • 腰痛、坐骨神経痛、脊椎間狭窄症、人工股関節等の高齢者によくある疾患への対処法を知りたい方。
  • シニアの解剖生理学を理解して、論理的にヨガを伝えたい方。
  • ご自身のお仕事の幅を拡げていきたい方。
  • 企業や、マタニティなど、特別な場でもヨガを教えてみたい方。
  • みじかに助けたい方がいる方。
  • ボランティアや社会貢献をしていきたい方。

こんなことが手に入ります。

  • シニアの方々へ、自信を持ってヨガをお届けできるようになります。
  • みじかな方々へのお手伝いができるようになり、周りに喜ばれます。
  • ご自身のお仕事の幅が広がり、自由度、可能性が広がります。
  • ヨガ解剖学に詳しくなるので、生徒さんにわかりやすく説明できるようになります。
  • 通常のヨガクラスはもちろん、疾患をお持ちの生徒さんにも対処法をお伝えすることができるようになります。
  • ご自身のインストラクターとしての価値がアップします。
  • 今後の社会に必要とされる講師になります。

この講座で実際にやること

  • シニアヨガとは?
  • シニアヨガの利点
  • 各ポーズが身体に及ぼす影響
  • 安全な指導方法の為に
    1. 身体的、メンタル的側面から見た高齢者の傾向、特徴
    2. 禁忌事項、シニアヨガ指導者としての心得
    3. シニア層の為の呼吸の誘導法
    4. 下記の目的別クラス前のプレパレーション
    5. 安全なアジャスト、サポートの方法
    6. 理学療法士から学ぶシニアための解剖生理学
  • 目的に合わせたクラスの組み立て方
    1. 骨粗鬆症・理論・予防のためのアーサナ
    2. 腰痛、関節痛・理論・予防改善のためのアーサナ
    3. 脊柱狭窄症、すべり症・理論・予防改善のためのアーサナ
    4. 骨盤底筋へのアプローチ法・理論・予防改善のためのアーサナ
    5. 免疫力を高めるアプローチ法
    6. 認知症、不安・ウツ傾向予防改善のためのメンタル的なアプローチ法
  • 補助道具の上手な使い方
  • シニア層とのコミュニケーション法
  • クラスを円滑に進めるためのコツ
  • クラス解説にあたってのポイント・作り方
  • 主要なヨガアーサナにおける軽減法パターン
  • シニアでも楽しめるペアワーク
  • 実習(クラス作り・発表)

体験者の声

鈴木 昭子 さん 30代 女性・IT企業

目からウロコの授業。
童謡を取り入れながら行う呼吸法から高血圧等の病気からのアプローチによる実践的なアーサナー。

特に椅子を使用したアーサナーの難易度や使用方法についても様々でこれからシニアヨガを行う上で即実践出来るものばかりでした。

年齢を重ね、体力の衰えを感じ、自信を無くしつつあるシニアの皆さんにたくさんの成功体験を経験していただき、ココロもカラダも健やかな毎日を過ごせるようにをモットーにシニアヨガを広げていければと良い思います。

シニアヨガのサークル活動を月2回ほど実施しています。皆さん、元気なおばあちゃま達です。

活動回数が増すごとにどんどん成長していく姿は素晴らしく、感動します。

鈴木 暁美 さん 50代 女性・ヨガインストラクター

私は別のところでシニアヨガ講習を受け、資格を持っていたので、4月から実際にシニアヨガのクラスを開講するという、直前の3月に、やっぱり自信が無くて、もう一度勉強しようと思って、ヨガソルナでシニアヨガの養成講座を受けました。

技術的にも得るところは多々ありましたが、佑未先生の「場を作る」「空気を作る」お人柄にすごい感銘を受け、とても学ぶところが大きかったです。

今、シニアの方たちのクラスでも教えていますが、通常のヨガのクラスでも、身体にハンディのある方や、身体が不調な方、運動が極端に苦手な方などに、このTTで学んだ椅子を使ったヨガがとても役に立っています。誰しもが同じポーズを同じように取れるわけではなく、同じようにポーズが取れなくても、椅子というツールで同じ効果を得られるようにヨガが可能なんだ、ということがとても大きな学びになりました。

もし、シニアヨガのクラスを作れるかどうかわからないし、ということで受講を迷ってる方がいらしたら、普通のヨガのクラスにも生かせる学びがたくさんあるということをお伝えしたいです。

そして、私も、佑未先生のように、必要な方に届くヨガを、微力ながらもお伝えできるよう、これからもヨガに関わっていけたらなと思っています。私にそんな勇気をくださった佑未先生には感謝の気持ちでいっぱいです。

岩瀬 千尋 さん

アットホームな雰囲気を作ってくれたゆみ先生に感謝をしています。ありがとうございます。

シニアヨガは私がTTで勉強したアサナをどれだけ危険のないように、お年寄りが楽しくできるか工夫が大事だと思いました。その工夫は今でも必要で今もシニアヨガをやる時は考えさせられます。

次回、受講される方にも基本のアサナに縛られず、柔軟性を持って受講して頂きたいなと思いました。

楽しい素敵な時間をありがとうございました。

今回は、更にパワーアップして、理学療法士の先生をお招きして解剖学をより専門的に、学ぶことができる講座になっています。
そのほかにも、他のシニアTTにはない、実際にシニアの身体を疑似体験できる時間があったり、何よりも、経験に基づいた実践的な内容が多いのが魅力となっています。

ご予約URL:http://yogasoluna.com/archives/5311

  • 全米ヨガアライアンスコースをお申し込みされた方に、卒業後も嬉しい10の受講特典
  • ヨガスタジオ ヨガソルナ

ページ最上部へ